ライブペイント30VS30、そして雨のことなど

アートラインかしわの花形イベントである《ライブペイント30vs30》。30人のアーティストがライブ演奏にイメージを載せて、30号のキャンバスに向かって作品を描いていきます。

昨年の開催日は雨に泣かされ、雨天予備日に設定していた11月3日に延期をして行なわれました。ところが今年予定していた10月16日(日)も前日まで激しい雨が降り、あちこちの天気予報を何回見直しても雨は開催日当日の未明まで残るとのこと!もうね、関係者一同キリキリと胃が痛む思いでした。しかも《ライブペイント》のみならず淺井裕介氏のワークショップ《テープ森~かしわのわ》も延期の憂き目を見たら大変です。祈るように空を見上げておりました。 

祈りが通じたか16日は朝から晴れ上がり、気温が28度あたりまで上昇するという、願ってもない日和に。

ライブペイントが佳境を迎えるころ、柏駅東口Wデッキ上では《テープ森~かしわのわ》二日目のワークショップが始まりました。一般公募に加え、江戸川大学社会学部の学生さんたち、アートラインメンバーなど、のべ20名ほどが参加。アーティスト淺井裕介氏の丁寧な指示を聞いているところです。

午前11時に始まり午後3時までの4時間で30号の絵を仕上げるのは結構大変なはずなのに、アーティストの皆さんはとても楽しんでいる様子です。

道行く人たちも気軽に声をかけてアーティストと話したりします。これがライブペイントの楽しいところなんですね。それにしても向井(弟)くん、色使いがいいじゃないの。


演奏には地元某スーパーマーケットチェーンの社長が飛び入り参加して、得意のギターを披露したりして。

陽が西に傾くころ、Wデッキ《テープ森~かしわのわ》の制作も完成に近づきつつありました。
朝になるまで雨に気を揉まされましたが、二つのイベントが無事終わって、ホント良かった。