2009年1月29日

R2

柏に「R2」という美術展示スペースがあります。そこでUBSL(都市裏実験所)を名乗る若者たちが週代わりで展示をしています。
この企画は、柏が終ったあとに関西に行くそうです。

UBSLはアートラインかしわとの関係が深いグループです。2008も連携企画として参画してくれました。彼らの活動が拡がっていく様子を傍らで見ていると、こちらも嬉しくなります。そして、つい力んで「頑張れ!」と言いたくなります。

satok

2009年1月22日

スガシカオヤマシタクンの牛

1月18日(日)、「特定非営利活動法人 牧場跡地の緑と環境を考える会」主催のイベントで、スガシカオヤマシタクン作の牛柄が立体凧となって登場しました。

アートライン産の牛は、柵に入れられていました。他の牛たちとは明らかに異なる牛でした。マレビト(@折口信夫)な牛たちでした。

そのうち、この2頭にも空を泳ぐ機会が訪れました。スガシカオヤマシタクン作の牛が、悠々と空を行きます。ゆっくりと。つまり、牛歩のごとく。

satok

2009年1月19日

1月18日(日)みんなで牧場の絵を描こう!

先日のブログにも書いた、空をキャンバスに牧場を描こう ‐空飛ぶ牛プロジェクト‐内で行った「みんなで牧場の絵を描こう!」は無事、終了しました!以下レポ。

あいにく天気は曇りですが、風は穏やかな凧揚げ日和。
11時凧上げ開始!
牛以外にも、花柄の凧、連凧。たくさんの凧が一斉に空にあがりました。

↓これは山下提供の凧。小! けっこう高く上がってました。

12時 「みんなで牧場の絵を描こう!」開始
ペン、マジック、絵の具。それぞれ好きな画材で書き始めました。

結構、埋まってきたー。スライムもいる。

そして完成したのがこれ!!(クリックで拡大)ガタガタですがご容赦。

このイベントを通して、凧を上げた子、絵を描いた子たちは牧場の事を考えたかな。
「お母さん、牧場ってなに?」くらいの会話がかわされたら、このイベントは成功でしょう!

Yamashita

2009年1月18日

トビヲちゃんの夢

どうやら2009年2月22日に行われる「ちばぎんカップ」に行きたいようです。今回で15回目を迎えるそうです。

柏レイソルは、もしかするとJリーグのチームのなかで最も「郷土」という単語が似合うかもしれません。また、芝生の匂いを嗅げそうなスタジアムは、最も「ローカル」を感じることでしょう。

でも、ヨーロッパの人々が愛してしまうようなスタジアムです。

satok

2009年1月14日

街なかアーカイブ

tobiwo

柏駅周辺に沢山出現したトビヲちゃんは、昨年12月初旬で柏からいなくなりました。祭りが終って、どこかへ旅立ちました。

しかし、民族大移動や渡り鳥と同じ現象が起きています。何人かのトビヲちゃんは、いまだに柏に残っています。定住派です。

アートラインかしわ2008のアーカイブが、街なかに残りました。いつ消えるかは、分かりませんが。

satok

2009年1月9日

収録風景

syuuroku

アートラインかしわ2008終了後にビデオ収録が行われました。昨年12月と今年の1月に、J:COM東関東で流れています。

写真に写るのは、「柏駅前にんげん動物園」を演じていただいた「ねねむ」の陽さんです。彼らにとって、柏は柔らかい場所だったでしょうか?

satok

2009年1月5日

空をキャンバスに牧場を描こう

空をキャンバスに牧場を描こう ‐空飛ぶ牛プロジェクト‐とは、NPO法人 牧場跡地の緑と環境を考える会が1月18日(日)11時? 中原ふれあい防災公園で行うBIGプロジェクト。無数の凧を飛ばして、かつてここが牧場であった頃の風景を再現しよう!というものです。
牧場跡地の緑と環境を考える会も、かしわジモトプロジェクトの「地域活性化プラットフォーム事業・柏」の採択団体です。

今回、アートラインかしわからこのイベントで上げられる牛(凧)の柄を2頭分、提供させていただきました。

ushi_1
事務局長 佐藤家 作

左上にあるのは手でしょうか?そしてこの大陸のような形は何を表しているのか?
山下の想像力の範囲外にあることだけはわかりました。

ushi_2
広報 山下 作

それぞれ、コメントにて批評お待ちしております。

アートラインかしわは、凧の提供だけでなくもうひとつ。
「みんなで牧場の絵を描こう!」
と題して長いケント紙に絵を描くスペースを設けます。
同会場内、12時?です。

DS、PSPをたまには置いて、外でこういう遊びも楽しいよ、子供たち!
絶対ふだん触れない感覚を感じれると思います。みなさまふるってご参加ください。

?

Yamashita