作成者別アーカイブ: kobayashi

ライブペイント30VS30、そして雨のことなど

アートラインかしわの花形イベントである《ライブペイント30vs30》。30人のアーティストがライブ演奏にイメージを載せて、30号のキャンバスに向かって作品を描いていきます。

昨年の開催日は雨に泣かされ、雨天予備日に設定していた11月3日に延期をして行なわれました。ところが今年予定していた10月16日(日)も前日まで激しい雨が降り、あちこちの天気予報を何回見直しても雨は開催日当日の未明まで残るとのこと!もうね、関係者一同キリキリと胃が痛む思いでした。しかも《ライブペイント》のみならず淺井裕介氏のワークショップ《テープ森~かしわのわ》も延期の憂き目を見たら大変です。祈るように空を見上げておりました。 

祈りが通じたか16日は朝から晴れ上がり、気温が28度あたりまで上昇するという、願ってもない日和に。

ライブペイントが佳境を迎えるころ、柏駅東口Wデッキ上では《テープ森~かしわのわ》二日目のワークショップが始まりました。一般公募に加え、江戸川大学社会学部の学生さんたち、アートラインメンバーなど、のべ20名ほどが参加。アーティスト淺井裕介氏の丁寧な指示を聞いているところです。

午前11時に始まり午後3時までの4時間で30号の絵を仕上げるのは結構大変なはずなのに、アーティストの皆さんはとても楽しんでいる様子です。

道行く人たちも気軽に声をかけてアーティストと話したりします。これがライブペイントの楽しいところなんですね。それにしても向井(弟)くん、色使いがいいじゃないの。


演奏には地元某スーパーマーケットチェーンの社長が飛び入り参加して、得意のギターを披露したりして。

陽が西に傾くころ、Wデッキ《テープ森~かしわのわ》の制作も完成に近づきつつありました。
朝になるまで雨に気を揉まされましたが、二つのイベントが無事終わって、ホント良かった。

でくわすホテルが面白い!

いやいや、こんなにエキサイティングな展示になっているとは!私の予想をはるかに超えていました。
↑上の作品は入口を入ってすぐ。いきなり度肝を抜かれますね(笑)。
岡田洋坪さんの作品です。

↑これらは荒川区を基盤に活動している《A+(アプリュス)》というグループの展示作品の一部です。立体モノの造形が多いみたいです。独創的で大変に力がありますね。

■10月15日(土)~11月13日(日)の金・土・日・祝のみ開催
■12:00~19:00
■三井ガーデンホテル柏2階 特設会場【でくわすホテル】

エステサロンの跡地を三井ガーデンホテル柏さんが「街の賑わいの一助になるなら」と快く貸してくださったので、このスペシャルイベントが開催できました。だから会場には豪華なジャグジールームあり、フットスパあり、マッサージルームありとなかなか変化に富んでいます。
その部屋をどう使うかはまさに各々のアーティストの発想力にかかっているわけです。

最後に福永明子さんの展示ブースを。
いろんなアートが楽しめて、アタマの中にもココロの中にも適度な刺激と汗をかけるスペースになっています。
期間中の金・土・日・祝のみの限定オープンです。ぜひ足をお運びいただき、大いにお楽しみください。お待ちしています。

準備中

さてこちらは東口サンサン通りにある三井ガーデンホテル柏。ここの二階でいまアート作品展示のための準備が着々と行われています。「GOD  HAND」の20名(団体含む)と摘水軒記念文化財団から助成事業に採択された石井香菜子さん、椛田ちひろさんたち総勢22名。これだけのアーティストが一堂に会すのはアートラインかしわ6年間の歴史の中でも初めてです。
アートライン期間中(10月15日~11月13日)の金・土・日・祝、数え上げると15日間。しかも12:00~19:00にだけ公開されるのは期間も短くて大変に惜しい内容です。もちろん入場無料。

準備中の様子をちょっとだけご覧にいれますね。
豪華なジャグジールームで透明なビニールホースと格闘中の椛田ちひろさんです。作品名は「夜の底を流れる水」。これは10月8日現在の設営風景なので今日あたりはもうちょっと進行しているかもしれません。さてどんな作品になるのか楽しみですね。(私は大体知っているけど、内緒にしておきます)

期間中の金・土・日・祝。
ぜひ足をお運びくださいね。

へんぽんと翻る


柏駅東口Wデッキ上。
抜けるような秋晴れの青を背にへんぽんと翻るアートラインかしわ2011のフラッグ。だけどあまりにへんぽんとし過ぎてよくわかりませんので下にもう一枚。黄色が鮮やかです。

いよいよ始まりますね。11月15日からの1か月間。

木の葉のパズル:in大津ケ丘二小

秋晴れの11月6日(土)午前11時、私たちアートラインかしわのスタッフ6名は車や自転車に分乗して国道16号を走っていました。今日は大津ケ丘第二小学校で開催される「二小まつり」を盛り上げるために《木の葉のパズル》を持ち込みます。
これは柏市の小学校で教員をされている杉本祐美先生が考案した、いわば「知育パズル(この言葉は好きじゃないけど)」です。すでに青山・スパイラルマーケットから《プレイリーフ》という名称で販売されていますが、元はと言えば杉本先生から提案を受けたアートラインかしわがスパイラルマーケットに商品化を持ちかけたもの。柔らかなウレタン系の素材でできています。さまざまに曲げる・つなげることができます。

アタマが硬くなってしまった私たちはこれを前にして呻吟しますけれど、子供たちの創造力はビックリするほど豊かです。毎回驚かされます。思いもかけない造形を生み出すんだものね。でも実はオトナが参加してハマる人が多いんです。子供をほったらかしで無言で熱心に作っています。「ほほえましい」より「鬼気迫る」感じかも(笑)。誰でも何かを作りたいのでしょうか。子供の頃の「工作」を思い出すのでしょうか。そういう方が多いです。
ね、「アート」って呼ぶから入りづらい感じがあるけれど、「何かを創作する」だけなら誰でも参加できますよね。たとえそれが、他の人には「宇宙船」には見えないかもしれない。だけど自分には「宇宙船」なのです。それでいいじゃないですか。

大津ケ丘第二小学校の「二小まつり」は、PTAの方々の働きに感動しました。私たちスタッフに出してくださった昼食に一通ずつ丁寧なお礼の手紙が入っていました。しかもそれはすべてが手書きだったのです。コピーとか印刷が簡単にできる時代にあって「手書き」です。美味しい手づくりの豚汁もいただきながら、お礼状を一枚一枚書いてくださったPTAの皆さんの心遣いに、本当に感動しました。これも一個のアートであると思うのね。心と心をつなぐ意味で。
ありがとうございました。

11月7日(日)イベントが炸裂する!

開催されたイベントの結果報告だけじゃなくて、ブログで予告もしなくちゃね。
アートラインかしわ2010のイベント期間も残りわずか!そして今度の日曜日、11月7日には魅力的なイベントが目白押しなのです。その一端をご紹介しますね。決してご損はさせませんので、ぜひ7日は柏に!

まずはパパ・タラフマラの《りんごでつながるプロジェクト》
海外公演もこなすダンスカンパニーが柏駅前通りでパフォーマンスを披露します。『白雪姫』をモチーフにしていますから子どもさんも楽しめます。

tarahumara

次に《柏まちなかサプライズ》
これは秘密なんですよね。何せ「サプライズ」なもので。だけどそれじゃ「でくわす」ことができないかもしれないのでヒントを少し。お昼ごはんが終わったらすぐに二番街のアーケードの下をブラブラするべし!
県立柏高校ダンスクラブ総勢30名ほどが巻き起こす、びっくりどっきりサプライズ。1回たった1分半ほどのパフォーマンスなのでお見逃しないように。

さらには《わくとこツアー》
江戸川大学社会学部の学生さんたちが柏駅周辺で見つけた「アートなもの」のありかを記したマップを片手に、徒歩であちこち探します。添乗員付き。もちろん無料です。これに参加すれば上に書いた《パパ・タラフマラ公演》も《柏まちなかサプライズ》も漏れなく見ることができます。
トップページにあるように、集合は13:00かしわインフォメーションセンター(丸井VAT館3F)、当日飛び入り参加も可能です。解散は17:00ごろになる予定。巡る先々でアーティストと話しこんでください。

そのほかには《One  Cusion  Project》のワークショップ(携帯ストラップ制作:参加費100円)が11:00から。パフォーマンスは15:30から、いずれも超高層マンション「The Kashiwa Tower」前で。
(↓)これ、クッションに見えるでしょう?
でも実は大理石を彫っているんです。柔らかそうで硬い。温かそうで冷たい。座るとそのギャップに理性がかき乱されます(笑)。

まだまだあります。
「でくわすハウス」ではリンダ・デニスさん制作の《Clay Skins》、石元靖大さん制作の《ROSE  LIGHT》を展示しています。10:00~19:00。入場無料。たぶん作家さんも詰めていますから、いろいろな話が聞けると思いますよ。

それから「R2(アール・ツー)」と呼んでいるギャラリーでは《LINK:n展》を開催。4名の若手アーティストによるグループ展です。

《わくわくIslandハウス》は11月6日の日経新聞にも取材されていましたね。国内どころか海外でも活躍しているアーティストたちが一堂に会した展示・制作拠点です。
12:00~20:00まで。

もっともっと紹介したいのですが、詳しくは7日(日)に柏駅前通りに置かれる予定のパンフレットで確かめてくださいね。案外、ご自宅の近くにアート展示ギャラリーがあるかも。
ぜひ足をお運びください。

第3回ユルベルトKASHIWAX

私はゆうべ柏のどこかに『記憶』というものを落としてしまったらしい。誰か拾ったら知らせてください。

われらがアートラインかしわの連携事業の一つでもある《ユルベルトKASHIWAX》。11月3日に第3回目が開催されました。5枚つづりのチケット(前売り3500円、当日4000円)を購入すると、加盟各店舗で1枚につきワンドリンク&小皿料理が供されます。小皿料理とてあなどれません。どの店も採算度外視で(たぶん)腕をふるった逸品が出されます。
このイベントが始まるきっかけは、アートラインかしわ2009のブログ(リンクしています)に書きましたが、総勢11人で《函館バル街》を視察に行ったことから。
だけどわずか半年後に柏で立ち上げるとはね。恐れ入りました。
他所の街の飲食店でこのハナシをすると「うちの街じゃできないな~。飲食店主同士で協力し合う関係にないもんね」と驚かれます。イベントを開催したり街づくりの活動をしたりするときにも感じることだけれど、柏の人たちはおしなべて協力的です。新しいモノを受け入れる土壌があるような気がします。だから若い人が何か新たに立ち上げても、足を引っ張る人はいないんじゃないでしょうか。少なくとも私が耳にしたことはありません。だから起業するには最高の街だと思うのですけどね。

これは一軒目の《カフェ・ド・ルポ》での一皿。
ガレットというそば粉のクレープに、熱くした荒挽きソーセージ、レタスなどを巻いてチーズ風味のソースがかかっています。包んである新聞?もフランス語というおしゃれ具合。ふむむ。美味しいぞ。
この店は先日伺った折に食事して、「カフェ」というには余りに料理が旨いので感心したところだったのです。

2軒目に西口《SAN RAZZO》。
実は19時から生演奏が入るという情報を耳にしていたのであります。
すみません。ボケボケで。


このあたりから記憶が揺らいでます。「ライブペイント30vs30」の準備と撤収で、余力どころか気力すらなくなっていました。
そのあと1軒か2軒、もしくは3軒か4軒、あるいはもっと……行ったのかもしれないけれど、いったいどこに?

今朝起きたら、パジャマには着替えていましたが部屋の明かりがこうこうとついたままでした。ああ…。

わくわくハウディモールハプニング

銀色の台の上に何やら不思議な物体が。


それに台の後ろ側からホースを接続すると、アラ不思議。
徐々に膨らんでいきます。

…んで。

手前では不思議な歌声が。
うむ。あれをどう形容しようか。
《不思議》以外に形容の仕方があるか?
たとえて言えば『脳みそが溶け出していくような歌』とか。
『この場から1秒でも早く、走って消えたくなる歌』とか。
たとえ今あなたが何らかの病気を抱えていたとしても、彼女たちの歌を聞いたら病気であることがバカバカしくなります。
いえ、治るのではありません。単にバカバカしくなるのです(笑)。

ライブペイント30VS30

いや~。11月3日文化の日は例年になく寒い一日でしたね。この日が「晴れの特異日」であることは前に書きましたが、確かに晴れました。大したもんです。ただ晴れると放射冷却現象が起きて寒いんですよね。
それなのに柏駅前通り・ハウディモールは熱かったです!寒かったけど熱かった。鼻水が出るほど熱かった!


「ライブペイント30VS30」
10月31日開催予定が台風で11月3日に順延になって、アーティストさんにもご迷惑をおかけしました。それにもかかわらずほとんどの方が駆けつけてくださって…。さらに私たちスタッフの手が足りないと見るや、準備や撤収をガンガン手伝ってくださって…。本当にありがたかったです(涙)。

ところで生演奏してくれた《モーニング・チャイルド》!!
なんかすごくパワーアップしたと感じたのは私だけでしょうか?すんげ~腕を上げていない?もうね、あれを聴いただけで駅前通りにいた甲斐があるってものです。1st.ステージから休憩をはさんでずっと立って聴いていた(通算4時間半も!)お客さんがいらしたというのもむべなるかな。


アーティストさんたちは大体がリピーター。中には第1回目からの常連さんもおります。街のお客さんもこのイベントを楽しみにしてくれていたようで、前回撮影したライブペイントの写真を現像してきて、彼ら一人一人の顔を確かめながら渡している方も見受けました。みなさんとってもフレンドリーに街の人に接していますね。だから道行く人が気軽に声をかけたり一緒に写真に納まったりするのでしょうね。誰もが本当に楽しそうでした。

でも制作は真剣そのもの。


片付け終えて至福のビールタイムでのこと。
F嬢 「そういえば絵を描く人には美人が多くない?」
う~ん。それを言ったご本人が絵を描く人なんだから、肯定したらあなたも《美人》だと認めることになる。…つか、本人が言うか?(笑)

確かに美人であることは認めますけどね。

台風14号《チャバ》襲来

秋のアートライン恒例の《ライブペイント30vs30》は、これまで雨にたたられたことはありませんでした。それは毎年11月3日(文化の日)に開催されていたから。この日は「晴れの特異日」で、過去の気象データを積み上げるとかなりの確率で晴れることが多いのですね。一年のうちにはこのほかに1月16日、3月14日、6月1日が「晴れの特異日」と言われています。
今年は千葉国体に参加したために10月31日(日)に《ライブペイント30vs30》を開催する予定でした。

ところがっ!
台風14号《チャバ》
がちょうどその日あたりに関東付近を通過するという予報が出されました。

そこで残念ながら10月31日に行われるはずだった《ライブペイント30vs30》と県立柏高校ダンス部による《柏まちなかサプライズ》は順延することに決定しました。
《ライブペイント30vs30》は11月3日(祝)に。
この日は《ユルベルトKASHIWAX》も開催するので、ライブペイントを見て、ユルベルトのチケットで飲み歩きを楽しむ、ってのも一興ですよね。
そして《柏まちなかサプライズ》は11月7日(日)に。
練習風景を見る限りでは、県立柏高校ダンス部の仕上がり具合も上々みたいなので、こちらも楽しみです。
雨天(予想)順延になりましたが、イベントは日を代えて行なわれる予定なので、どうぞお寄りください。