作成者別アーカイブ: kobayashi

ライブペイント30VS30、そして雨のことなど

アートラインかしわの花形イベントである《ライブペイント30vs30》。30人のアーティストがライブ演奏にイメージを載せて、30号のキャンバスに向かって作品を描いていきます。

昨年の開催日は雨に泣かされ、雨天予備日に設定していた11月3日に延期をして行なわれました。ところが今年予定していた10月16日(日)も前日まで激しい雨が降り、あちこちの天気予報を何回見直しても雨は開催日当日の未明まで残るとのこと!もうね、関係者一同キリキリと胃が痛む思いでした。しかも《ライブペイント》のみならず淺井裕介氏のワークショップ《テープ森~かしわのわ》も延期の憂き目を見たら大変です。祈るように空を見上げておりました。 

祈りが通じたか16日は朝から晴れ上がり、気温が28度あたりまで上昇するという、願ってもない日和に。

ライブペイントが佳境を迎えるころ、柏駅東口Wデッキ上では《テープ森~かしわのわ》二日目のワークショップが始まりました。一般公募に加え、江戸川大学社会学部の学生さんたち、アートラインメンバーなど、のべ20名ほどが参加。アーティスト淺井裕介氏の丁寧な指示を聞いているところです。

午前11時に始まり午後3時までの4時間で30号の絵を仕上げるのは結構大変なはずなのに、アーティストの皆さんはとても楽しんでいる様子です。

道行く人たちも気軽に声をかけてアーティストと話したりします。これがライブペイントの楽しいところなんですね。それにしても向井(弟)くん、色使いがいいじゃないの。


演奏には地元某スーパーマーケットチェーンの社長が飛び入り参加して、得意のギターを披露したりして。

陽が西に傾くころ、Wデッキ《テープ森~かしわのわ》の制作も完成に近づきつつありました。
朝になるまで雨に気を揉まされましたが、二つのイベントが無事終わって、ホント良かった。

でくわすホテルが面白い!

いやいや、こんなにエキサイティングな展示になっているとは!私の予想をはるかに超えていました。
↑上の作品は入口を入ってすぐ。いきなり度肝を抜かれますね(笑)。
岡田洋坪さんの作品です。

↑これらは荒川区を基盤に活動している《A+(アプリュス)》というグループの展示作品の一部です。立体モノの造形が多いみたいです。独創的で大変に力がありますね。

■10月15日(土)~11月13日(日)の金・土・日・祝のみ開催
■12:00~19:00
■三井ガーデンホテル柏2階 特設会場【でくわすホテル】

エステサロンの跡地を三井ガーデンホテル柏さんが「街の賑わいの一助になるなら」と快く貸してくださったので、このスペシャルイベントが開催できました。だから会場には豪華なジャグジールームあり、フットスパあり、マッサージルームありとなかなか変化に富んでいます。
その部屋をどう使うかはまさに各々のアーティストの発想力にかかっているわけです。

最後に福永明子さんの展示ブースを。
いろんなアートが楽しめて、アタマの中にもココロの中にも適度な刺激と汗をかけるスペースになっています。
期間中の金・土・日・祝のみの限定オープンです。ぜひ足をお運びいただき、大いにお楽しみください。お待ちしています。

準備中

さてこちらは東口サンサン通りにある三井ガーデンホテル柏。ここの二階でいまアート作品展示のための準備が着々と行われています。「GOD  HAND」の20名(団体含む)と摘水軒記念文化財団から助成事業に採択された石井香菜子さん、椛田ちひろさんたち総勢22名。これだけのアーティストが一堂に会すのはアートラインかしわ6年間の歴史の中でも初めてです。
アートライン期間中(10月15日~11月13日)の金・土・日・祝、数え上げると15日間。しかも12:00~19:00にだけ公開されるのは期間も短くて大変に惜しい内容です。もちろん入場無料。

準備中の様子をちょっとだけご覧にいれますね。
豪華なジャグジールームで透明なビニールホースと格闘中の椛田ちひろさんです。作品名は「夜の底を流れる水」。これは10月8日現在の設営風景なので今日あたりはもうちょっと進行しているかもしれません。さてどんな作品になるのか楽しみですね。(私は大体知っているけど、内緒にしておきます)

期間中の金・土・日・祝。
ぜひ足をお運びくださいね。

へんぽんと翻る


柏駅東口Wデッキ上。
抜けるような秋晴れの青を背にへんぽんと翻るアートラインかしわ2011のフラッグ。だけどあまりにへんぽんとし過ぎてよくわかりませんので下にもう一枚。黄色が鮮やかです。

いよいよ始まりますね。11月15日からの1か月間。

木の葉のパズル:in大津ケ丘二小

秋晴れの11月6日(土)午前11時、私たちアートラインかしわのスタッフ6名は車や自転車に分乗して国道16号を走っていました。今日は大津ケ丘第二小学校で開催される「二小まつり」を盛り上げるために《木の葉のパズル》を持ち込みます。
これは柏市の小学校で教員をされている杉本祐美先生が考案した、いわば「知育パズル(この言葉は好きじゃないけど)」です。すでに青山・スパイラルマーケットから《プレイリーフ》という名称で販売されていますが、元はと言えば杉本先生から提案を受けたアートラインかしわがスパイラルマーケットに商品化を持ちかけたもの。柔らかなウレタン系の素材でできています。さまざまに曲げる・つなげることができます。

アタマが硬くなってしまった私たちはこれを前にして呻吟しますけれど、子供たちの創造力はビックリするほど豊かです。毎回驚かされます。思いもかけない造形を生み出すんだものね。でも実はオトナが参加してハマる人が多いんです。子供をほったらかしで無言で熱心に作っています。「ほほえましい」より「鬼気迫る」感じかも(笑)。誰でも何かを作りたいのでしょうか。子供の頃の「工作」を思い出すのでしょうか。そういう方が多いです。
ね、「アート」って呼ぶから入りづらい感じがあるけれど、「何かを創作する」だけなら誰でも参加できますよね。たとえそれが、他の人には「宇宙船」には見えないかもしれない。だけど自分には「宇宙船」なのです。それでいいじゃないですか。

大津ケ丘第二小学校の「二小まつり」は、PTAの方々の働きに感動しました。私たちスタッフに出してくださった昼食に一通ずつ丁寧なお礼の手紙が入っていました。しかもそれはすべてが手書きだったのです。コピーとか印刷が簡単にできる時代にあって「手書き」です。美味しい手づくりの豚汁もいただきながら、お礼状を一枚一枚書いてくださったPTAの皆さんの心遣いに、本当に感動しました。これも一個のアートであると思うのね。心と心をつなぐ意味で。
ありがとうございました。